人気ブログランキング |

江戸の狩野派

今日は出光美術館で開催中の「江戸の狩野派-優美へ革新-」(12/15まで)を観に行ってきました。
この展覧会は、400年にわたり栄えた狩野派の中でも徳川幕府の御用絵師として活躍した江戸狩野に焦点をあてたものでした。

美術展の前半は、江戸狩野の立役者である探幽とその継承者である尚信の作品に注目した展示になっています。
屏風と掛軸が展示されていましたが、江戸狩野の特徴は「大胆な余白が取り込まれた美意識」とのことで、どの作品も余白が多くとられていたのと、色もあまり使われていなかったのとで、全体的にシンプルな印象を持ちました。
探幽にしろ尚信にしろ鳥や花など自然物を描いた作品は素晴らしかったのですが、前半の2つコーナーで強く印象に残ったの作品は意外にも人物を描いた作品でした。
特に、大きな屏風に何人もの人物が描き込まれた作品では、一人一人の表情やポーズが工夫されていることが伝わってきて楽しく見ることができました。
人物はもちろん背景の植物なども生き生きと描かれているため、笑い声や話し声、木の葉のざわめきなどまでもが聞こえてきそうな雰囲気が作品全体に漂っていて、歩きながら観ると短いアニメーションを観ているような気分になりましたよ~

探幽はやまと絵の研究にも熱中していたようで、いくつかやまと絵の手法を使って描いたという作品も展示されていました。
『源氏物語』の1場面が描かれた屏風もそのうちの1つだったのですが、前半でシンプルな絵を沢山観ていたこともあって、非常に華やかな印象を受けました。また、土佐派に学んで描いたという画帖には十二単を着た女性が描かれていたのですが、非常に精密に描かれており見入っていまいました。
探幽は画帖作品に続いて展示されていた写生画でも、前半のシンプルな感じの絵を描いたのと同じ人物が描いたとは思えない位、大変細やかで丁寧な筆運びをしていて驚きました。やはり、リアルに細かく写生する力があるからこそ、シンプルな作品を描いても手を抜いた感じが出ないのだろうなぁと感じました。

最後のコーナーは「京狩野VS江戸狩野-美の対比、どちらが好み?」ということで、2つの狩野派の作品を見比べることができました。
どちらも金屏風に鶴が描かれた作品でしたが、京都と江戸でこんなにも違うのか!というぐらい違いがはっきりしていました。京狩野の方が、花や鶴以外の鳥なども描き加え華やかな雰囲気に溢れている一方で、江戸狩野の方は描かれているのは鶴と松だけで、余白も多く落ち着いた雰囲気でした。金屏風に描いているのに観る側に煌びやかな印象を与えすぎないというのは凄いなと思いました。

今回江戸狩野の作品をじっくり見たことで、江戸狩野の絵には他には無い安定感や静けさがあると感じました。今はどちらが好みかと聞かれれば、京狩野と答えますし、自分の作品も落ち着きよりは華やかさを求めて制作していますが、いずれは探幽の作品が持つような静けさや落ち着きが憧れの要素の一つになるのだろうなと感じました。


美術館の後は、丸の内の周辺をぶらぶらしてみました。
どこもクリスマスの飾りで溢れていましたよ♪
c0293456_22551540.jpg
これは「KITTE」のクリスマスツリー。
何を使ってこんな風にしているのか分かりませんが、もみの木が本物の雪を被っているみたいで、飾りは何も付いていませんでしたがとっても素敵でした☆
トラックバックURL : https://sissy07.exblog.jp/tb/21063200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Sissy50 | 2013-12-08 23:10 | 美術展 | Trackback | Comments(0)

心に移りゆく由無し事を書きつけて...


by Sissy50
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る